よしひさ内科クリニック|一般内科、消化器内科、内視鏡内科

高円寺駅より徒歩3分のよしひさ内科クリニック

寄生虫疾患(アニサキス、ジアルジア、条虫(さなだむし))

■寄生虫疾患(アニサキス、ジアルジア、条虫)について

よしひさ内科01
  消化器疾患でよく遭遇する寄生虫疾患にはアニサキス症・ジアルジア症・日本住血吸虫症などがあります。

●アニサキス症:

  アニサキスと呼ばれる寄生虫が寄生した魚介類(サケ・サバ・カツオ・アジ・イカ・タラなど)を生食した際に起こる病気です。アニサキスが胃壁や腸壁に潜り込むことにより症状を引き起こします。

 生食から約3~4時間程度で突然の激しい腹痛・吐き気・嘔吐などを認めます。胃炎や胃潰瘍などと比べてもかなり激しい腹痛を訴えることが多いです。(稀に症状の乏しい方もいます。)人によってはじん麻疹などのアレルギー症状を認めることがあり、サバアレルギーを思われていた方が実はアニサキスのアレルギーであったという報告も認められます。

 治療は内視鏡による摘出術(内視鏡による手術となります)を行い、摘出すると嘘のように痛みが取れます。

 本来アニサキスは人間に寄生するものではないため、人体の中では成虫になることもできず、中間宿主でもないため存在し続けることもできずに数日程度で死んでしまうか排泄されます。

 アニサキス症を引き起こすアニサキスは幼虫であるため長さはせいぜい2~3cmですが、最終宿主であるイルカ・クジラ・アザラシなどの海生哺乳類までたどり着くと成虫となり5cmから大きいと20cmにも育つことがあります。

●ジアルジア症:

  ランブル鞭毛虫による感染性胃腸炎です。ランブル鞭毛虫を含む、生水・生野菜・生ジュースなどを摂取して7~10日程度の潜伏期間を経て、激しい下痢・腹痛・嘔吐で発症します。治療は適切な抗生物質の服用となりますが、不十分な治療を行うと、慢性化することがあり、そうなると胆道に入り込み胆嚢炎や胆管炎となることもあります。

●条虫症:

  俗にサナダムシと言われる寄生虫が腸管に感染する病気です。様々な種類があり、牛肉から感染する無鉤条虫・豚肉から感染する有鉤条虫・サケやマスから感染する広節裂頭条虫などが有名で、これらの食材の生食により感染します。

  時に体長は数mにまで成長します。 下痢・腹痛・体重減少などを起こすこともありますが、多くは無症状で肛門からひも状の虫体が出てくることにより気が付くことが多いです。治療は駆虫薬を服用することとなります。

  肛門から気になるひも状のものが出てきたら、すぐに病院を受診するようにしてください。
よしひさ内科|原田院長
お問合せはTEL: 03-5327-5577
高円寺駅より徒歩3分のよしひさ内科クリニック